【マジかよ】「コーヒーなどの苦いものが好きな人」はサイコパス傾向が強いとの調査結果が発表される


 という衝撃的なタイトルの記事を見つけました。以下引用です。

・多くの男女を対象に調査を実施!

今回の調査結果を発表したのは、オーストラリアのインスブルック大学に在籍するクリスティーナ・サギオーグロウ教授が率いるチーム。

まずチームは約500人の男女を対象に、飲食物のリストを配布。そこには、チョコレートケーキやベーコン、お酢などの、「甘いもの」「しょっぱいもの」「すっぱいもの」「苦いもの」が均等に掲載されており、人々に6段階評価で好きか嫌いか判定してもらったのだ。

・虚栄心が強かったり、自己中心的な人は苦いものが好き!?

そして4種類の心理テストを行って人々の大まかな性格を把握し、それぞれの味の好みと性格を照合。さらに450名を対象に別の実験を行った上で、調査チームはある傾向を突き止めたという。

それは、目的のためなら非人道的行為もいとわない、サディスティック、ナルシズム、嘘つき、虚栄心が強い、自己中心的、人の不幸を喜ぶ特徴を持つ人……つまり、“サイコパス的な性質” を持つ人は、ブラックコーヒーやトニックウォーター、ラディッシュなどの苦いものを好むというものだ!

一方で、他者との同調性が強かったり、親切、共感力が高い性格の人は、苦いものが苦手な傾向にあるという結果も導きだされたのだとか。


な、なるほど。
納得できるような、できないような。。。

さらにこんなことも書かれています。

サギオーグロウ教授は「苦いものを食べることは、ジェットコースターのようにスリルを楽しむ行為なのかもしれない」と推測。

つまり、“苦さに本能的な危険を感じつつも、同時に危険でないと知っている” という状態を人は楽しんでいるのではないか……と考えられるようだ。


お、おう。
もしかして一理あるのかもと思ってしまいました。

たしかに、コーヒー好きな人でクセが強い人って多いかも。



でも待ってください。
ということは、あのスター〇ックスの人たちもサイコパスってことですか?
あの笑顔には、みんな裏があるってことでしょうか。

それともみんな、実はコーヒーが苦手とか?



オーストラリアの研究チームは
なんという研究をやってくれたんでしょうね。ほんと。笑




あ、あと一応こんな反論もしてみます。
ぼく、久しく苦いコーヒーなんて飲んでないです。

このタイトルにもあるように
苦いコーヒーって基本的にはあんまり質が高いとは言えないと思うんですよ。
むしろフルーティで酸味のあるコーヒーばかり飲んでます。

スペシャルティコーヒーをちゃんと抽出すれば
基本的には苦くないはずなんですよ。エスプレッソも含めて。
だからぼくはこの研究結果には当てはまりません。はい。



ただ、コーヒー飲みすぎて
どれだけ苦くてもあんまり苦みを感じないってのもありますが。。。




今日はこの辺で。
ではでは




Twitterやってます^^





Facebookにいいね!
Slow Life Coffee

Facebookページも宣伝



人気記事セレクション

初心者が家でコーヒーを淹れるなら、まずはエアロプレスを買うべし。
【保存版】プロが教えるエアロプレスのレシピまとめ
コーヒーマイスターによる、自宅でコーヒーを楽しむのに必要なものまとめ